トリマーになるために専門校で学ぶ

トリマーの専門校で学ぶ

トリマーの専門校で学ぶ

トリマーになるにはさまざまな方法がありますが、近年ではトリミングをしっかり学んでから卒業する生徒が多いため、おすすめはトリマーの専門校へ入学することです。

 

もちろん、専門学校を卒業することだけでトリマーになれるわけではありません。なぜならトリマーになるために授業をしている評判の良い学校もあれば、ただ卒業することが目的、もしくは資格をとることだけが目的のあまり評判のよくない学校もあるからです。

 

ただいずれにしても、トリミングの基礎技術や知識を修得するには、専門校で身につけるのが一番確実な方法であることは間違いありません。それはトリマーになるために専門的に考えられたプログラムで学んだ卒業生に独学で学んだ人が勝るには相当の努力と運が必要だからです。

 

そこで、トリマーになるために専門学校を選ぶわけですが、専門学校によっては同じトリマーのコースであっても教育内容が異なるので、卒業までに同じことを学べるわけではありません。むしろ就職やその後のトリマーとしてのスキルに差が出てしまうので、トリマーの専門学校をしっかり選んでください。


学校を選ぶ前に

トリマーの専門校の選び方

トリマーの学校を選ぶ前に、トリマーの仕事を知る必要があります。トリマーはペットショップでどんな仕事をしているのでしょうか?

 

もちろん就職先、つまりペットショップによって仕事内容は様々です。トリミングだけだったり、トリミングと接客だったり、なかには生体販売や物販までありとあらゆることをこなしたり・・・。でも、『最初からトリミングだけでいい』という人はおそらく就職してから良いトリマーにはなれません。なぜならたとえトリミングだけの業務であったとしても動物のプロとして知っておくべき最低限の知識やルールは必要だからです。

 

つまり、トリマーはカット・爪切り・シャンプーなどのトリミング技術だけでなく、動物のプロですから動物のことに関わることをある程度知っておく必要があるのです。また、トリマーは動物相手の仕事でありながら接客業ででもあるので、お客様との接遇マナーもしっかり身につけておく必要があります。

 

そこで、トリマを目指す場合、その全てをしっかり学べる環境が整った学校を選ぶ必要があります。


学校を選ぶポイント

≪トリマーのプロになるための学校を選ぶポイント≫

 

@校内にたくさんのモデル犬を飼育して1人1頭で学べるかどうか
A校外モデル犬の飼い主が校内まで犬を連れてくるかどうか
B動物看護の施設・設備があり、きちんと動物を看る力を指導してくれるか

 

 

一般的にトリマーの学校を選ぶときには『校内にどれだけモデル犬を飼育しているか』が大切です。
それは、『動物のことを学ぶにあたって、動物がいなければ学べない』という当たり前の理論ですが、このモデル犬を校内で飼育するということは学校にとってはとても大変なことであることは間違いありません。なぜなら犬を飼育することはお金がかかりますし、お世話をするには休みもとれません。だからこそ多くの動物を校内に飼育するのは大変なのです。

 

もちろん、『ただ校内に犬を飼育している』ことだけが大切なことではありませんが、校内に犬を飼育していないと学べないことがたくさん出てきてしまいます。例えば、犬がたくさんいるとトリマーになるために必要な1人1頭で実習することができます。そして、飼育する犬が多ければ多いほど、たくさんの犬種や性格の違う犬を扱うことができます。いずれにしても犬と一緒に学ぶ経験は、動物のプロとして就職してから役立つものになるので、学校を選ぶときには校内にどれくらい犬が飼育されているのか、そしてドッグランがあるなどどれだけ犬とふれあえる環境であるかをチェックしてみてください。

 

もちろん校内飼育犬だけではなく、校外モデル犬も必要となります。この校外モデル犬というのは、人間のカットモデルと同じように、トリマーの学校が学生の授業のために借りる一般家庭の飼い犬のことを言います。

 

この、校外モデル犬については学校で預かる方法をチェックしましょう!
パターン@ 飼い主が校内まで犬を連れてくる
パターンA 学校が車で犬を迎えに行く
パターンB ブリーダーの犬を大量に預かる

 

この3つのパターンはメリットとデメリットがあります。パターン@の飼い主が校内まで犬を連れてくる場合、メリットは学生が飼い主と接客でき、就職後の接客スキルを学ぶことができることです。デメリットは飼い主にが校内まで足を運ぶので、学校内の生徒を見られてしまいます。つまり、学校内の生徒のみだしなみや態度が悪いと飼い主に悪い印象を与えてしまうということです。
パターンAの学校が車で犬を迎えに行く場合、メリットはたくさんの犬を迎えに行くことができますし、何よりも飼い主が便利。デメリットは学生がトリマーに必要な接客スキルを学べないことです。
パターンBのブリーダーから犬を預かる場合、メリットは安定的に犬の頭数を確保できるうえに校内で飼育しないのでお金がかからない。デメリットは学生がトリマーに必要な接客スキルを学べないことと、デザインカットではなく単純にシャンプーやバリカンだけ、つまり学校犬をトリミングするのと一緒になってしまうこと。

 

もうお分かりですよね?トリマーを目指すためには校外モデル犬の飼い主が校内まで来てくれる環境かどうかをみましょう。

 

そして、近年では犬を家族のように飼育されている家庭が多いです。これは何を意味するかというと、ただ単にトリミングの技術があればいいのではなく、動物を看る力がなければならないということです。例えば具合が悪い犬を看る力がなくシャンプーしてしまうとどうなるかわかりますよね?
つまり、トリマーとしての能力に加えて動物看護の能力も備えておくことが望ましいということです。

 

だからこそ、トリマーの学校を選ぶときには動物看護の施設や設備が付いているかどうかもをチェックします。
就職してから必要とされるトリマーになるために、学ぶ環境は最低限チェックしなければならないポイントです!

 

実際には校内にたくさんの犬を飼育し、就職先から高い評価を得ている学校を選びましょう。そして、実際に学校見学に行ってみることをおススメします。

 

なお、動物の業界で評判の良い学校を紹介しておきます。
おススメの学校はコチラ